核燃

もんじゅナトリウム火災15年

今日12/8は1995年に福井県にある兵器級プルトニウム製造用原子炉「もんじゅ」がナトリウム火災事故を起こした日です。(真珠湾攻撃の日の方が有名ですが)

「もんじゅ」は「夢の原子炉」などと言われていますが、長崎型原爆の材料であるプルトニウムの製造を目的とした原子炉ですから、核廃絶を願う者から見れば「悪夢の原子炉」です。

現在原子炉内の装置が故障してニッチもサッチも行かない状態になっています。

このまま廃炉になって欲しいものですが、廃炉でさえ難しい壊れ方です。(燃料を抜くことも出来ないのですから)

先月11月17日以来、「もんじゅ」の管理者である原子力研究開発機構(旧動燃)のプレスリリースでは、

http://www.jaea.go.jp/04/turuga/jturuga/press/rcr.html

「昨日に引き続き、炉内中継装置を燃料出入孔スリーブと一体で引抜くための
具体的な引抜作業の方法や手順等を検討しています。」

という表示が毎日続いています。

おそらく、「スリーブと一体で引き抜くと言ったけど、良く考えると難しい」という状態でフリーズしていると思われます。

一度口に出したことは引っ込められない官僚の業界で今後の動向が注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もんじゅを廃炉へ!

昨日、福井県敦賀市で行われた全国集会に参加してきました。

福井県敦賀市にある高速増殖炉(増殖はしないと思ってますが、一応世間ではそう名乗ってます)もんじゅは核弾頭の製造に不可欠な兵器級プルトニウムを製造する原子炉です。

建設開始から予定がのびのびになっているのですが、1995年に冷却材として使っているナトリウムが火災を起こし、長期停止していましたが、今年再び動き出しました。(まだ完成はしていません)

そしたらナトリウム漏れ検出器が誤動作したり、炉内中継装置と呼ばれる装置を落っことして壊したりトラブル続きです。

炉内中継装置というのは燃料交換に使う装置なんですが、これが無いと燃料を原子炉から外すことも出来ないので、現状もんじゅは廃止もできない状態です。

原子力研究開発機構は来年度中の再開をもくろんでいるそうですが、来年度ですと、壊れた炉内中継装置の問題を解決して再製造は間に合わないでしょうから、燃料を外すことが出来ない原子炉を動かそうとしていることになります。

原子炉は危険であるのはもちろんですが、動かしている人たちの発想がまた危険であると思います。(現場の人はもっと丁寧にやりたいだろうなぁ、と想像しています。)政治的思惑から本来原子炉運転に求められる慎重さに欠けていると思います。

白木海岸で集会を行い、
Pc042389

デモをして
Pc042431


もんじゅに抗議申し入れ、
Pc042451_2


敦賀市駅近くで集会をして
Pc042462


デモ
Pc042531


なんだかデモの際の街宣車の音が大きすぎる気がしました。都会の街中とは違うので非常に音が大きく聞こえます。

もんじゅの門前で急病人が出て原子力研究開発機構の救急車で運ばれたりして大騒ぎでした。(救急車が来るのに急いでも20分掛かる場所なんです。)今思うと、現場には警察の車がたくさんあったので、そっちで運ぶのがスジだっんじゃないかなぁ、と思います。

追記:
現場の様子をQTVRにしてみました。集会が始まる前だからちょっと人数が淋しいのと雨粒がレンズに付いちゃったので、ちょっと残念
もんじゅを廃炉へ!全国集会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もんじゅ再稼動来年7月以降に

福井県にある兵器級プルトニウム製造用原子炉もんじゅの炉内中継装置が落下した件で、試験の再稼動が来年7月以降にずれ込むことが発表されましたが

7月以降ということは8月でも12月でも翌年でもよいですから、なるたけ遅く、出来れば100年くらい動かさないで欲しいものです。

炉内中継装置の落下事件で原子力開発機構の説明を聞いたのですが、どうも初歩的な設計ミスのようで、そういう初歩的な設計ミスがあるような原子炉は動かして欲しくありません。(ねじが一本緩んだことが装置落下の原因なんですが、そもそもキチンとトルクを掛けて締める構造にもなっていませんし、回り止めも付いていません。円形にしておけば済む部品を扁平にしてますからいかにも回りそうです。)

で、それを接着剤で固定して使おうというのですから、なんとも強引です。強引な運営ではそのうち事故が起こります。

ついでに福井県が強く要望している新幹線も、政府は福井延伸に否定的ですので、今後情勢は色々動きそうな気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(遅ればせながら)もんじゅ炉内で部材落下

8/26に福井県にある(兵器級プルトニウムを大量生産する)特殊原子炉「もんじゅ」の炉内に部材が落下する事態が起きました。

28日には吊り上げ装置に異常があったと発表されています。

ファイバースコープで調査、などと報道されていまして、普通の原子炉だと炉内もファイバースコープで見ることが出来ますが、もんじゅの場合冷却材が金属ナトリウムなので、見ることができるのは炉の外部ですね。

炉の外側も不活性ガスが充填してあるので運転中以外も人が近づけないのでファイバースコープで観察なんでしょう。

普通に考えて炉内に落下した部材を回収するには、視界の邪魔になるナトリウムを抜く必要があります。ので、当分作業は進まないでしょう。

まずは燃料とナトリウムを抜く、という判断をすだけで数ヶ月は掛かると予想します。1995年の事故の後も抜かずに14年、ナトリウムを暖める電気代(年に100億円くらいになるらしい)を払い続けたくらいですからね。

このまま動かないでいて欲しいと思います。
いや、ナトリウムと燃料棒を抜いたところで止まって欲しいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もんじゅ燃料輸送

福井県敦賀市にある、プルトニウム製造用原子炉「もんじゅ」へ、東海村から燃料が輸送されました。

昨夜、東海村から、「燃料輸送車が出発しました」と、連絡を受け、過去の輸送経路である東名高速で待ち受けていましたが、追跡した人からの連絡で、今回は

常磐道→外郭環状線→関越自動車道

へと抜けるルートで輸送が行われたようです。

過去の輸送では、深夜の首都高環状線から3号線、渋谷を通り、東名高速とプルトニウム燃料輸送が行われていました。人口密集地の渋滞道路をプルトニウム輸送が行われることに対する批判を避けるためでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

09 もんじゅを廃炉に!全国集会

昨日は福井県にある、高速炉、もんじゅの廃炉を求める全国集会に参加しました。

もんじゅ近くの白木海岸で集会をして Pc057171 Pc057176


もんじゅの正門までデモをして Pc057182Pc057196

申し入れ Pc057197

午後は会場を移して集会 Pc057211


で、駅前まで、デモです。
Pc057261 Pc057255 Pc057267 Pc057266 Pc057271 Pc057278 Pc057281 Pc057264

白木浜の集会の様子を今年もパノラマにしてみました。画像をクリックするとパノラマ写真が表示されます。
Pc057139_3

始まる前なのでちょっと人数がサビシイ (><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プルサーマル・もんじゅ なぜ強行か?

東京で、プルサーマルともんじゅのイベントのお知らせです。

PDF版のちらしはこちら

-------------------------------------------------------------
12月17日(木)講演と上映
18:00~21:00

プルサーマル・もんじゅ なぜ強行か?
原発推進の破産と日本核武装(隠された狙い)
-------------------------------------------------------------
講師 広瀬 隆 (作家)
槌田 敦 (物理学者)

映像:祝島「上関原発反対」上映予定

九州電力が佐賀県で日本初のプルサーマルを、反対の声を押し切って強行した。
原発の余裕度が減少し、危険度が増えると指摘されているのに。

特殊原子炉「もんじゅ」も来年2~3月強行される(予定)。プルサーマルも
「もんじゅ」も反対の声の中強行するのはなぜか。

隠された狙い―日本の核武装の狙いも含め、的確に批判する講演会です。
祝島の最新の映像を上映予定。

会場:明治大学リバティータワー地下一階1001号室
    東京都千代田区神田駿河台一丁目1
  JR御茶ノ水駅下車 御茶の水橋口徒歩5分
費用: 資料代 800円

共催:核開発に反対する会、いろりばた会議、現代史研究会

連絡先:たんぽぽ舎
   〒101-0061
   東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
   TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
Eメール nonukes@tanpoposya.net
   HP http://www.tanpoposya.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎原爆の日に、プルトニウム大量生産計画に反対する

8/9は長崎に原爆が投下された日です。

広島に投下された原爆はウラニウムを使用していましたが、長崎に投下された原爆はプルトニウムを使用していました。

このプルトニウムという物質は自然界には存在していなくて、原子炉で人工的にウラニウムから製造されます。

プルトニウムには同位体がいくつか存在していて、239という同位体が多ければ多いほど、核兵器に適しています。で、この239の比率が高いプルトニウムは「兵器級プルトニウム」と呼ばれています。

日本の原子炉で一般的な型式の原子炉は「軽水炉」と呼ばれているもので、これでもプルトニウムは出来ますが、これは発電に都合の良い用に調整されているので、核兵器に適したものは出来ません。で、軽水炉で普通の運転時に作られるプルトニウムは「原子炉級プルトニウム」と呼ばれます。

核兵器に向いたプルトニウムは黒鉛減速炉など、軽水炉よりも燃料交換が自由に出来る型式の炉で製造されます。

最も核兵器に適したプルトニウムを製造可能な炉は「高速増殖炉」でしょう。実験炉の結果を見ると、プルトニウム239の比率が98%を超えるようです。(とても細かい話になりますが、高速増殖炉にはドライバと呼ばれる部分とブランケットと呼ばれる部分があって、ブランケット部で出来るプルトニウムが兵器級になります)

そのような高速増殖炉による、プルトニウムの大量生産をするのが、日本政府の原子力の基本計画です。

1995年12月に事故を起こして停止中の「もんじゅ」を再開する動きが続いていますが、「もんじゅ」が正常に稼働すれば、年間30kg以上の兵器級プルトニウムが生産されます。原爆が10発作れる量です。

最近話題の六ヶ所再処理工場は、もともと高速増殖炉の燃料用のプルトニウム抽出の為に計画されました。再処理工場で抽出された原子炉級プルトニウムが高速炉に送られて、いくらかの兵器級プルトニウムと大量の原子炉級プルトニウムに生まれ変わる予定です。

装填するプルトニウムより使用後のプルトニウムの方が多いので、使えば使うほど燃料が増える「夢の原子炉」とか言う人もいますが、出てくるものが長崎型原爆の材料ですから、核廃絶を願う身からすれば「悪夢」以外のなにものでもありません。

核無き世界を求める声が高まり、核廃絶への道を模索している世界で、日本国の立法府では核廃絶の決議も行なわれました。しかし行政府はプルトニウムを大量生産する予定を堅持しています。

プルトニウム、それも兵器級のものを大量生産する国が核廃絶を訴えても本気にされないでしょう。唯一の被爆国であれば復仇を疑われて尚更です。本当に核廃絶が国是であるなら、プルトニウム大量生産計画を転換すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電事連プルサーマル延期を青森県に報告

電事連がプルサーマルが予定通り出来ないことをようやく認めました。

電力会社の利益にもならないし、消費者の利益にもならない。
国内で利益をもらう人がいないのですから、最初から無理な計画です。

もともとプルサーマルを行なう理由に「余剰プルトニウムを持たない」という国際公約が挙げられていますが、最初から再処理しなければ、お金もかからず、汚染もせず、八方丸く収まるってもんです。

で、予定通りできないことを青森県に報告したそうです。

なんで青森県かと言えば、再処理工場の目的が無くなることになりますので、受け入れた使用済み燃料の行き場が無くなるということになります。もともと量的に無理なプルサーマル計画でしたから、六ヶ所を動かすための方便だったのでしょう。青森県としては騙された格好になります。

プルサーマルを止めれば再処理も止まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕はLove Me Tenderを聴いた

ところで、今月は2回ほど、東海地震の想定震源域の真ん中に建つ中部電力浜岡原子力発電所周辺をうろついていたのですが、警察の職質を2回受けました。

最初は浜岡原発の近所で写真を撮ってたんですが、原発敷地からパトカーが出てきて、「なにやってます?」と、声を掛けられまして。別にけんか腰ではなくて、普通の駐在さんの雰囲気でしたね。ハイ。

「一応、身分証明書を見せて貰ってます」というので、素直に見せますと、「911の後、警備強化の一環で。。。」と、おっしゃいますので、つい

「え?この環境でテロに対策できるんですか?」

と言っちゃいましたよ。だだっ広い海岸に接した敷地でなに言ってんだか。

警官の方もその辺は判っているようでしたが、それでも上司に言われた職務は遂行しないといけないのですね。げに恐ろしきは宮仕えかな。

2回目は月曜日のMOX燃料の抗議に行って、取材のマスコミの後ろあたりで入港待ちをしていたら、順繰りに事情聴取ですよ。マスコミの方は特に身元を控えたりはしてなかったみたいですが、私の名前と住所は控えていきましたね。こちらは港湾警備という名目でしたが、本当に危険な人が職質されるような場所にいるはずも無く、単なる嫌がらせか、言論弾圧の為の準備以外には役に立ちそうもありません。

役に立たないことに労力を割くことほどバカバカしいことはありませんが(税金の無駄遣いですね)、弾圧のための名簿作りであれば、そこそこ役には立つでしょう。それだって、私のような一般庶民の名前がバシバシ入っているとその名簿も役に立たなくなっていくでしょうがね。

ぶっちゃけ、MOX燃料でこうであれば、兵器級プルトニウムが生産される高速増殖炉のブランケット燃料なんかはどういう扱いになるのかと思うと気が重くなります。核燃料サイクルに賛成な人は、自由が全く無い、完全な管理社会になることを、よろこんで受け入れるような人達なんでしょうか。


そんなハズは無いですね。(と、信じたい)


で、その後、集まった人達で自己紹介やらMOX批判やら浜岡批判やら原子力批判やらをしていたのですが、ここでも警察が登場です。ほんの少しの人数が、ちょっと港に集まってちょっとマイクを使ったからと言って警察が出張ってくるのはちょっと行き過ぎでしょうねぇ。街中で騒音を響かせたわけでもなし。(この警察の動きが一番マスコミの関心を引いていたように思うのは気のせいでは無いでしょう)

住民が集まってカラオケしてても険悪な顔をした警官が駆けつけるのでしょうかねぇ。丁度警察が来たときに私がマイクを持っていたので、「(原発批判がダメなら)カラオケでもしましょうかね。」と、RCのLove Me Tenderと Summertime Bluesを端折って歌いました。(お耳汚しで申し訳ない。)

(と、言いつつ、)次は「Love Me Tenderを聴いたか?」もレパートリーに入れときたいと思います。

カバーズはそれでも発売できたけれど、この曲は結局短縮版しかCDに収録されなかったんだね。(コブラの悩みに「君はLOVE ME TENDERを聴いたか?(SPECIAL SHORT VERSION)として収録されています。)

以下、私がyoutubeにアップされたDEMO版から起こした詩


君はLove Me Tenderを聴いたかい
僕が日本語で歌ってるヤツさ
あの歌は反原発の歌だって、みんな言うけど
ちがう、ちがう、それはちがうよ
あれは「反核」の歌じゃないか
よく聞いておくれよ
「核は要らない」って歌ったんだ

それとも、原子力発電と核兵器は、同じものなのかい
発電所では、核兵器も、作ることができるのかな
まさか、まさか、そんなひどいこと、してるわけじゃないよね
灰色のベールのその中で、またそんなことをしてるのかな

君はLove Me Tenderを聴いたかい
僕のあのいかれた替え歌さ
あんなに小さな声で歌ったのに、みんなに聞こえちゃったみたい
誤解、誤解、しないで、彼女へのラブソングなのに
反原発ソングなんてそんな音楽があるとは知らなかった

ただのロックじゃないか
なんか変だな
レコード会社も新聞もテレビも雑誌もFMもばかみたい

なにを騒いでたの


長崎型原爆と同じプルトニウムを使用した核兵器を作ろうと思ったら原子炉を作る必要があります。日本の原子炉の中では初期に作られた東海原発の黒鉛減速炉と、「もんじゅ」の高速増殖炉が核兵器用のプルトニウムに適した炉です。浜岡原発のような軽水炉でも頑張れば兵器用プルトニウムを製造できるでしょう。世界恒久平和は原子力利用の絶対的前提条件です。

以下、私からの返歌です


僕はLove Me Tenderを聴いたよ
君が日本語で歌ってるヤツさ
あの歌は反原発の歌ってみんなは言うけど
ちがう、ちがう、それはちがうよ
あれは「反核」の歌じゃないか
ちゃんと、ちゃんと、聴いたよ
核は要らないって歌ってたよね

そうとも、原子力発電と核兵器は、同じようなものさ
発電所では、核兵器も、作ることができるんだよ
まさか、まさか、そんなひどいことしてるわけじゃないよね
灰色のベールのその中で、そんなこと許されやしない

僕は Love Me Tender を聴いたよ
君のあのいかした替え歌さ
あんなに小さな声で歌ったのに、みんなに聞こえちゃったみたい
誤解、誤解、しないよ、みんなへのラブソングだよね
反原発ソングなんてそんな音楽があるとは知らなかった

ただのロックじゃすまない
やっぱり変だよね
レコード会社も新聞もテレビも雑誌もFMも知らないはずがない

核だから騒いでたの


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧